日本酒

日本酒に合うオススメおつまみ10選!意外なアレも!?

2016年12月27日更新

おつまみがあってこそ、日本酒の良さが際立つもの。塩っ気のあるものを食べた後に日本酒を飲むと、より日本酒の風味や後味を感じることが出来ますよね。ここでは、お手軽に買ってこれたり用意できるおつまみをピックアップしてご紹介します。

 

あまりにも相性が良いからといって、塩分を取りすぎてしまう可能性もあるためご注意くださいませ!

 

明太子

 

プチプチと弾ける食感とともに口の中に広がる旨みがたまらないですよね。日本酒にもよく合います。辛子明太子などのピリッとした味の場合、吟醸系の香り高くスッキリとした日本酒であれば、日本酒の旨みがより引き立てられます!

 

 いかの塩辛

お酒のアテとしての鉄板。これと日本酒だけでも十分な晩酌ができますね。塩辛をチョビチョビとつまみながら、日本酒もチョビチョビ飲むというスタイルが多いのではないでしょうか。

 

 寿司

 

寿司と日本酒という、究極のジャパニーズスタイル。どうしてこんなに合うのでしょうか。どちらかといえば、香りの立ちやすいものよりも、米の旨みがあってキレのある純米酒系の日本酒が合います。

 

うずらの卵(燻製)

新幹線やグリーン車などの鉄板おつまみ。普段は、チューハイやビールとともにつまむが多いですが、日本酒との相性もバツグンです。香り高い吟醸系でも、米の旨味がある純米系のどちらでもいけます!

 

チーズ醤油

クリームチーズにしょうゆをかけるだけのカンタンおつまみ。かつお節をまぶしてもいいかもしれません。チーズ単体であれば、吟醸系で香り高くてフルーティーな日本酒との相性がいいですね。

 

生ハム

生ハムといえばワインでしょ?と思うかもしれないですね。しかし、大吟醸系の日本酒であれば香り高くてフルーティな味わいですので、実は相性がとてもいいのです。ワイングラスで飲みながら生ハムを頬張ることでいつもとは違う優雅さを味わうことが出来ます!

 

お刺身

お寿司と似ているかもしれないですが、個別で取り上げさせていただきます。個人的には、赤身であればキレのある純米酒系の日本酒、白身であれば香り高い吟醸酒系が合うと思います!油の乗っているものには吟醸酒系はあまり適さない気がします。

 

ホタルイカの沖漬け

プチっとした食感の後に、口の中にギュッと広がる漬けダレ。日本酒とよく合う居酒屋鉄板メニューのひとつですね。吟醸酒系も純米酒系のどちらでも、お酒が進みます!こちらも塩分が多いため、少しずつ食べることをお勧めします!

 

おでん

冬の風物詩、おでんと日本酒です。冷やでも十分に美味しいのですが、風情を求めるのであればぜひ熱燗も!おでんは具も沢山ありますから、具材によって、純米酒系が合うのか、吟醸酒系が合うのかを確かめながら飲むのも楽しいですね。

 

スルメイカ

スルメイカに限らずとも、干物と日本酒は合いますね。干物のちょっとクセのある味が口の中に広がった後、日本酒を飲むことによってさっぱりと洗い流す感覚がいいですね。コンビニなどでもすぐ買えて日持ちするため、お手軽に晩酌ができるのもいいですね。