日本酒

北の大地、北海道の美味しい日本酒おすすめ5選!

2016年12月27日更新

北の大地北海道。酒米も北海道産を使用している酒蔵も多く、仕込み水も北海道という恵まれた環境であるからこそ良い伏流水を利用することができます。ここでは、北海道で人気の日本酒を5つに厳選してご紹介したいと思います。

 

|国稀

国稀酒造の「國稀(くにまれ」)」。北海道を代表する日本酒のひとつです。純米酒ならではのコク・甘さと、辛口のキレのよさが後味としてスッと入ってくるため、とてもバランスの取れている銘柄です。お寿司や刺し身を始めとし、料理の引き立て役としても役割を発揮してくれます。飲みやすいため、普段日本酒が苦手でなかなか飲まない方にもオススメしたいです。ちなみに、ダルビッシュ有選手が日本ハムファイターズに在籍されているときにハマった日本酒でもあり、過去のブログでも紹介されています。

 

|国士無双

高砂酒造の「国士無双(こくしむそう)」。特別純米や純米大吟醸など幅広いラインナップを持つ国士無双シリーズです。その最高峰が「大吟醸 国士無双」です。恵まれた北海道の大地で、北海道の素材のみで造られたお酒です。北海道だけでなく、全国的にも人気の高い日本酒です。好適米である山田錦を40%まで贅沢に磨き上げ、さらに低温で時間をかけて発酵させて仕上げた、手の込んだ逸品です。淡麗な辛口として知られていますが、冷やで飲めば、とても透明感のあるスッキリとした味わいを楽しめます。

 

|男山

男山株式会社の「男山(おとこやま)」。定番の純米酒をはじめ、季節限定の銘柄も存在します。大雪山系の万年雪を源とする伏流水を用い、醸造するのに適した気候風土でしっかりと仕込まれます。国内外のコンクールで金賞を受賞している銘柄で、淡麗でありながら上品で深みのある味わいが人気の要因です。キレがあって飽きのこないお酒で、食中酒としても適しています。冷・燗のどちらでも美味しく飲めます。

 

|千歳鶴

日本清酒の「千歳鶴(ちとせつる)」。このシリーズでのおすすめは、「千歳鶴 純米大吟醸」です。高品質の北海道産の米を贅沢に40%まで磨き上げたことにより、純米のふくらみのある豊かな味わいと吟醸香の香り高さを兼ね備えた銘柄へと仕上がっています。和食やおつまみとの相性はバッチリです。

 

|北の誉

合同酒精 旭川工場の「北の誉(きたのほまれ)」。オススメしたいのは「北の誉 鰊御殿 純米大吟醸酒」。純米大吟醸だけあって、フルーティな香りとサラッとした飲み口と飲みやすい銘柄です。軽口なので、和食だけでなく幅広い料理との相性もいいでしょう。北海道産の「吟風」といわれる酒造好適米を100%使用した、上品な香りと深い味わいを感じられます。